立山・剱岳の氷河

現存する日本初の「氷河」

標高3,000m級の山々が連なる北アルプス・立山連峰では、真夏でも融けずに残る万年雪を見ることができます。
このうち、立山・剱岳にある3つの規模の大きな万年雪で、氷体が、長い時間をかけて、ゆっくりと流れていることが発見され、日本初の現存する「氷河」であることがわかりました。
「氷河」は、立山連峰の新たな魅力といえます。
(写真は、3つの氷河のうちのひとつの立山 御前沢雪渓)

所在地
 御前沢雪渓、三ノ窓雪渓、小窓雪渓
 (近くまで行くには、登山の知識、経験、装備が必要です。)


お問い合わせ 公益財団法人立山カルデラ砂防博物館 076-481-1160
ホームページ http://www.tatecal.or.jp/tatecal/index.html