交通案内

レンタル自転車(アヴィレ)

富山市中心部に20ケ所の自転車の貸し出しステーションがあり、24時間365日いつでもどこでも自転車をレンタルでき、返却できます。


自転車共同利用システム『アヴィレ』

100845_01.jpg

【ステーション及び1日パス取扱施設】

全20ヶ所のステーション及び26ヶ所のお申込み施設があります。

※富山駅から最寄の申込み施設は、CiC1階インフォメーション(受付10時~20時)です。MAP

  • シクロシティ ターミナルマップ
↑画像をクリックすると、下にボタンが表示され、「+」ボタンで画像の拡大、「−」ボタンで画像の縮小が行えます。拡大された画像は、マウス操作で位置移動が行えます。画像を閉じる場合は、右上の「×」ボタンから閉じてください。


【料金及び利用方法】  

●基本料金:

 150円/24時間+デポジット350円

 (レンタルカードを返却するとデポジット分は返却されます。) 

●利用料:

 30分まで無料です。 

 30分以上60分まで…200円 

 60分以降は30分ごとに…500円

 ※1回の利用が30分以内なら、何回利用しても追加料金はかかりません。

 (例)1回の利用が70分だと、200円+500円の利用料がかかります。

  ※自転車を引き出して返却するまでの時間が1回の利用時間です。

●利用方法:

 ①上記の取扱施設の窓口で申込み書を記入し、本人確認書類をご提示ください。

 ②基本料金150円とデポジット350円の計500円をお支払いいただき、カードをお受け取りください。

 ③駐輪機にカードをタッチしてレンタル。(利用時間にご注意ください。)

 ④ステーションに自転車を返却。何度でもレンタル可能。

 ⑤ご利用後、カードの申込みをした窓口へ返却し、デポジット350円を受け取ってください。

100845_10.jpg

詳細ページ(運営会社ホームページ)>>


アヴィレで行くおすすめスポット


<富山駅北エリア>


『富岩運河環水公園』

100845_13.jpg

富山駅から北に自転車で5分。

自然と富岩運河の歴史を大切を活かした富岩運河環水公園。9.7haの広い敷地内には、芝生や運河が広がります。「世界一美しい」と言われているスターバックスコーヒーや「フレンチの鉄人」坂井宏之監修のレストランもあり、人気のスポットとなっています。緑の美しさと、水辺のきらめき、ゆったりと流れる時間が心を癒してくれます。夜のライトアップも大変幻想的です。

100845_14.jpg

100845_03.jpg『樂翠亭美術館』

約4,000平方メートルの広大な敷地に1950年代に建築された和風邸宅を改修したアートにあふれたスタイリッシュな空間の美術館。庭園の美と共に、日本建築の和の空間で日本の匠の技から現代作家の表現までを鑑賞できます。ミュージアムショップや喫茶スペースも併設されています。


<富山駅南エリア>


『富山城』

100845_15.jpg

富山駅から南に自転車で5分。

掘りや石垣などに当時の面影を感じながら中に入れば、富山市郷土博物館があり、400年以上にわたる富山城の歴史を知ることができます。また、前田利長が使用したといわれる長さ140cmの兜も見どころです。また、お堀前のAMAZING TOYAMAモニュメントは記念の写真スポットとしても人気です。

100845_16.jpg


100845_04.jpg『富山市役所展望塔』

地上70メートルからは、富山市街地、そして天気の良い日には、立山連峰やお隣石川県の能登半島と360度の大パノラマを楽しめます。「立山あおぐ特等席」に指定されています。平日、土日祝日ともに無料開放されています。


100185_05.jpg

『松川沿い』

松川沿いにある「松川べり彫刻公園」には、県内外の彫刻家の作品が28点設置されています。春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪化粧した木々と四季の移り変わりと一緒に楽しめる自然の中の美術館です。松川にかかる橋には、時折ガラスが使用されており、「ガラスの街とやま」を感じることもできます。


100185_06.jpg

『いたち川沿い・石倉町延命地蔵』

芥川賞作家宮本輝「蛍川」の舞台となったいたち川。その川沿いの湧水は「万病に効く水」として知られており、多くの人が「延命地蔵の水」を汲みに訪れます。この長寿の水をいただきに、いたち川を訪ねてみてはいかがでしょう。