熊野神社稚児舞(くまのじんじゃちごまい)

毎年8月25日
室町時代から伝わる伝統ある舞を4人の稚児が奉納。
国の重要無形民俗文化財にも指定されるこの祭りは、太鼓と笛の囃子で、鉾の舞、賀古の舞、林歌の舞など7種の舞を赤い衣装を着た10歳までの4人の稚児が奉納します。